ムーンライトキャピタル株式会社の軌跡

2001年1月、日本株に特化したブティック型のヘッジファンド会社として設立、 当時は年金基金の運用などを手掛けていた会社でした。 その後、運用会社時代のノウハウを活かし2009年6月投資信託委託会社としての業務を開始し、 個人を対象にした投資信託を提供し始めた会社です。 資産運用に関するプロ集団であることには間違いありません。 投資する個人のお客様と投資される側の企業、この両者の利益を追求したハイレベルな会社ともいえます。 形はどうであれ資産運用には「ハイリスクハイリターン」という言葉がつきものです。 しかしムーンライトキャピタル株式会社は違います。「プラスの絶対収益」を目指します。絶対収益なのです。 個人が資産を運用することはアメリカでは当たり前とされていますが、 まだまだ日本ではその考えは定着していません。 少しでも早い時期に始めてできるだけ多くの利益を得るという新しいことを始めるには、いいチャンスだと思います。 少しでも興味を持った方は、是非一度この会社の基準価額の履歴をご覧になってみてください。 検討の余地は、この歴史からも十分にあると思います。

このページの先頭へ