知って安心大腸内視鏡のセミナーIN千葉

千葉に住む祖母は毎日白米と漬物と魚の干物ととても質素な食生活をしていましたのでそれ自体は胃カメラとは無縁の理想な健康食そのものでした。ただし千葉の祖母の場合はそこからが酷かった、歳をとると味覚が鈍感になるのかどうかわかりませんが、だんだんと胃カメラと関係する味付けの濃い食事へとシフトしていくのです。千葉の自宅で作る漬物は半端なくしょっぱい。味噌汁は濃縮かと思われるほど味噌がたっぷり入っている、さらに何にでもマヨネーズをかける始末。今はマヨラーなんて言う名前だって付いちゃってるけど、マヨラーの走りは祖母だと断言できる。しかもマヨネースだってカロリー半分のなんて無かったから高カロリーで油たっぷりの王道マヨ。極めつけは今は敬遠される化学調味料、いわゆる旨み調味料。甘味、塩味、苦み、辛み、酸味そして誰が付けたか旨み。胃カメラ人口が増えたのはそのせいかともささやかれたが、すぐに胃カメラや大腸内視鏡を連想するのは間違いかも。