外国人の方も喜ぶ料理です。

日本の強みは、和洋折衷であるという点でしょう。
それは外国の文化を受け入れて、それを日本の料理などに取り入れる点がそれに当たります。
例えば、器で見ても、焼き物は朝鮮半島から伝わってきたものですから、色々な国の料理が混ざってできたものと言えるかもしれません。
つまり外国の観光客が喜ぶには、日本の良さとこうした和洋折衷の料理を出している麻布十番のかどわきがお勧めだと思います。
お店の見た目や内装、京都を彷彿させる日本式のものですが、料理に工夫がなされているのが大きなポイントです。
自慢の一品は「トリュフご飯」です。
これは鰹と昆布の出汁で炊き上げたものをトリュフをスライスして仕上げたものですが、これは日本の出汁という強みと、外国人が喜びそうなトリュフをうまく合わせているので、外国人観光客の方も喜んでくれるのではないのかと思います。
つまりは固定観念にとらわれない作品が多数あるので、一緒に来ている日本人の方も満足になるものになるでしょうし、いい旅の想い出になる事でしょう。
勿論田楽や筍の飯蒸しなどの日本料理の良さと季節感を感じさせる作品は多数出るので、日本の良さとうまくマッチするだと思います。
ぜひとも外国の方には楽しんでほしいものです。