視力回復に役立つオルソケラトロジー

視力の矯正には眼鏡、コンタクトレンズが役立ってくれますが、やはり裸眼で見えることは理想ですので、少し前からレーシックを選ぶ人も増えています。
そして治療がうまくいく場合もあれば、せっかく手術をしたにかかわらず思うような効果が得られていないという場合も中にはあり、いざ治療となるとやはり不安があるということも少なくないものです。
そういった場合はオルソケラトロジーにも注目してみましょう。
これは手術が必要なく、視力が回復できる方法として知られています。
治療方法も難しいものではなく、特殊なレンズを就寝時に装着することで屈折の異常が矯正され一時的に視力が回復するというものです。
コンタクトレンズの装着だけですので、手術の必要はありませんし、角膜を削ったりしませんので、リスクもかなり抑えられています。
角膜は目にとってとても大事な役割を果たしていますが、柔軟性があり、形も変わりやすいのでオルソケラトロジーで長時間レンズを装着すると角膜の形も変わり、レンズを外してもその形状を維持できるようになります。
就寝中につけることで日中は視力が矯正され、眼鏡やコンタクトレンズは必要なくなりますし、人によっては数日間と長期に効果を持続させることもできます。
http://orthokeratology.mieru-mieru.com/flow/index.html